傾聴を広めたいと想う理由       

傾聴を広めようと思うきっかけ

 

・・・それは息子でした。

 

 

心室中核欠損症という心臓に穴の開いてる状態で生まれたわが子は 

産まれるとすぐに入退院を繰り返し、

4ヶ月で肺動脈を縛る「バンディング」という手術をし、

10ヶ月で穴をゴアテックスで埋める根治手術。

その後、経過が思わしくなく、

7歳でカテーテルでも手術を行いました。

 

優しくて、おとなしくて、いつも笑顔の息子でしたが

小学校にはいるといじめに合うようになり、

朝、玄関先でお腹が痛くなったり 吐いたり、、

 

子どもの為 といいながら

母親である自分への評価を気にしていたのか

「 どうしても学校へ行かせなきゃ! この子の将来はどうなるの!」

不安で無理矢理 毎日学校まで 引きずって連れていきました。

 

そんな中、息子の担当医の先生に

「 お母さん、息子さんを愛していますか? 

 その大事な息子さんが 体調を壊してまで嫌がる針のむしろの様な場所に

 あなたは座らせて安心ですか? 」

と聞かれ 気が付きました。

目からうろこが落ちる とはこういう事です。

 

私は子どもが身体を張ってまでして出した 自己決定を見逃すところでした。

 

息子に 「学校へは 行かなくて良いことにしたよ 」

そう言うと、まだ1年生なのに 目からポロポロ涙をながして 

「ごめんなさい」 って泣きました。

 

ごめんなさいは・・・私の方です。

 

すると、不思議な事に息子はだんだんに学校へ行く日が増えて、

保健室の先生とも仲良くなり、友達も増えて、楽しそうな毎日を過ごしていました。

 

だけど、それは彼の気持ちが変わっただけで

いじめの根の深さを私は知りませんでした。

 

息子は 継続的にいじめを受けていました。

 

体操着をトイレに捨てられたり、

教科書に 「死ね バカ どんくさい 嫌い」 と書かれていたり、

給食のやきそばをそのままランドセルにいれられていたり、

胸の手術の痕にマジックで線路を書かれて遊ばれた事を知った時には

全身が怒りで殺意さえ覚えました。

 

だけど、彼は笑って言うんです。

 

「 遊んでただけだから・・ 」

 

 子どもは 親が大好きであればあるほど、

そのいじめの事実をなかなか言えない場合もあります。

(よく親子関係が出来ていたら ちゃんと親に打ち明けるはず、

と報道されますが 一概にそうではありません。)

 

 

息子はただでさえ 心臓病を持っていて、

何度も手術をしていたり、毎月病院へ行っていたり、

親や親族に心配をかけているのを知っていました。

 

「言えなかったんじゃない。言わなかったんだ。」

後で 彼に言われた時は本当に

申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 

中学生になって 仲のいい子もできて

安心していたある日、

 

洗濯物を干すときに

息子の白いシャツに 

無数の細かい穴が空いているのを見つけました。

 

帰宅した彼の背中をめくってみたら、

無数の点となったカサブタが黒く残ってた。。

思わず 泣きながら 「どうしたのよ・・」 と聴くと

 

「 こんなのいつもだよ 」と。。。

 

ドッチボールをすれば 一人だけ残され走り回らされる。

サッカーをすれば キーパーにされて、一斉にみんなのシュートをあびる。

 

鳥小屋の掃除をすれば 外からカギをかけられ閉じ込められる。

 

トイレに入れば 水をかけられる。

 

給食になれば わざとえげつないほど

大盛りにされてお昼休みを奪われる。

 

あげたらキリがありません。

 

だんだんに 口数の減る息子。

私はその息子とちゃんと話がしたくて、

カウンセラーの勉強を始めました。

 

ですが 学び始めて一番に言われた事が

「 パートナーや近親者にカウンセリングはできない 」という事でした。

 

確かに子どもの悩みの多くは「親」が原因ですから

その親に何かを話すのは 難しいのかもしれません。

 

だんだんに息子も反抗期にはいり、

仲間と共に過ごしながら世間で言う法律違反を始めます。

 

 

退行していく彼を誰も止められなくて、

彼の中の悲しみに誰も付き合ってあげられなくて、

家と仕事と警察と謝罪の日々に 

私も、次男も、長女も、疲れ果てていました。

 

顔を合わせば怒鳴り合う。

そんな毎日。

 

彼の中にも出口が見つからず、

悪い事をした翌日は 自殺未遂をはかったり、

ひどいアルコールの飲み方をしたり、

家に帰ってこなかったり、、、、。

 

何度、彼を殺して私も死のうと思ったことかしれません。

 

でも、出来なかった。

親の顔や次男、長女、沢山の人の顔がでてきてね。

 

だったら、子どもと思わなきゃいいんでしょ!!

私は覚悟をきめて 

彼に「傾聴技法を使った聴き方」をしてみました。

 

最初はたったの5分でお手上げでした。

だけど気が付くと、少しづつ時間が伸びて

私に何かしら話をしてくれるようになりました。

だんだんに笑顔も増えて

私も、兄弟も、本人がなにより嬉しかったと思います。

 

長男との関係が良くなってきて

自分が凄く楽になってきた時、

 

近親者にカウンセリングまでは出来なくても

傾聴技法を取り入れた「聴く」は

こんなにも効果があるんだ!!!!!

 

そこを確信したからこそ、

大切な人の心を守る「聴く」を

私は広めたい と思った次第です。

 

 

長男との関係が多少良くなっても、

なかなか仲間との関係は断ち切れないし、

お金に対する執着も異常なものを感じていました。

 

そんな時、仲間のカウンセラーから

「もしかして依存症では?」 と声をかけて頂き、

ただの長い反抗期だと思い込んでた私は意を決して 

彼を横浜にある 依存症専門の病院へ連れて行き、

薬を1錠も飲むことなく、半年もたたないうちに

破綻していた性格が戻ってきたのには 本当に驚きました。

反抗期なんかじゃなかった。。

 

その病院で行われた治療、

それはカウンセリングと グループシェアリング、

ただ・・・それだけです。

 

 ● 聴いてほしそうな様子を察知して 手を止めて向き合って聴く

 ● 関心を持って 肯定的に聴く

 ● 一緒に悲しんで 一緒に喜んで聴く

 ● 本人が決めた事を 応援する

 ● 相手の中に答えがあると 信じて待つ

 

 

私は 長男を不安から「心配」で育ててしまい、

それを「信頼」で育てるきっかけとなった。

傾聴を沢山の方が体験し、使えるようになって頂きたい と心から思います。

 

 

お母さんに 「ちょっと聴いてよ~」 が増えて、

お父さんが 「どうした~?」 って言えて、

 

傾聴には 脳ストレスの軽減でうつ病の予防になったり、

コミュニケーションの深まりで いじめを減らせる効果があります。